2015年03月27日(金)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -





2014年08月15日(金)

半兵衛麸に行ってきました

「麸」は中国に渡った修行僧によって伝えられ、長い間寺院や宮中だけで育まれたそうです。

町衆にも食されるようになった江戸中期、宮中で麸の作り方を覚えた初代玉置半兵衛が京の
町で麸屋を始めました。



店頭には季節を感じる細工麸、焼き麩、生麩や湯葉など、いろいろな種類が並んでいます。

また麸料理「むし養い」を食べることもできます(要予約)。

そんな半兵衛麸さんで今回麸饅頭を買い求めました。

こしあんのものと抹茶あんのものがありました。

こしあんのものは、熊笹で三角に包んであります。

抹茶あんは、ちょっと大きめのトリュフチョコのようでした。



つるっとした感触ともちっとした食感、中のあんはあっさりした甘さで美味!
蒸し暑い日には特に嬉しい食べ物です。

【半兵衛麸】
 京都市東山区問屋町五条下ル(五条大橋東南)
 電話:075−525−0008
 営業時間〈販売:9:00-17:00〉
 〈茶房: 11:00-14:30(要予約)〉





2014年08月14日(木)

今週の行事

 12日(火) 納涼古本まつり(〜16日) / 下鴨神社糺の森

昭和63年から開催されている古書市。

京都、大阪をはじめ関西以外の県の古書店も参加し、糺の森に

多数の古書が並びます。

 

14日(木) 万灯祭(〜16日)  / 車折神社

諸願成就、心願成就を祈願します。

紙灯籠に願いごとを書き込み、境内に吊るし点灯します。

 

14日(木) 東大谷万灯会(〜16日) / 大谷祖廟

夏の暑いお盆参りを「涼しい夜に」という願いからはじまり

ました。

提灯が参拝者の足元を照らします。

 

14日(木) 三千院万灯会(〜15日) / 三千院

感謝と祈りの心の光を輝かせ、その心の光をローソクに託して

仏様に捧げ祈ります。

世界平和・諸願成就を願い「千年の祈り」点灯式も行われます。

 

15日(金) 松ヶ崎題目踊り(〜16日) / 涌泉寺

五山送り火の「妙」「法」と染め抜いた浴衣姿で、法華経の功徳

が説かれた歌に合わせてゆっくり踊り進みます。

 

16日(土) 京都五山送り火 / 京都市内各所

お盆に迎えた精霊を再び冥府へ送るための盂蘭盆会(うらぼん

え)の行事で、「大文字」とも言います。

東山の如意ヶ嶽に「大」が灯され、妙法、船形、大(左大文字)、

鳥居形が次々に点灯されます。

 

16日(土) 嵐山灯篭(とうろう)流し / 嵐山渡月橋付近

嵐山渡月橋畔の中之島公園で法要を行った後、灯籠流しを行い

ます。






2014年08月06日(水)

今週の行事

6日(水) 夏越(矢取)神事 / 下鴨神社

御手洗池の中央に斎矢(斎串)を立て、裸の男たちがこれを奪い

合います。

斎矢を取ると厄除けと長寿を得るとされています。

 

7日(木) 六道まいり(~10日) / 六道珍皇寺

冥界との境目とされるこの地にて「迎え鐘」を鳴らし、この世に

精霊をお迎えする盆供養行事です。


7日(木) 五条坂陶器まつり(〜10日) / 五条坂一帯

全国最大規模の陶器市。

珍皇寺のお精霊迎えや、大谷本廟(西大谷)にお参りに来た方の

土産用として露店を出したことに始まるそうです。

期間中若宮八幡宮の神輿巡行も行われます。

8日(金) 六波羅蜜寺万灯会(〜10日・16日) / 六波羅蜜寺

灯明を人形文字「大」の形に点灯し先祖の精霊を迎え祈祷します。

 

9日(土) 盂蘭盆会万灯供養(〜16日) / 壬生寺

期間中、本堂前に万灯籠が吊るされ、日没から午後9時まで点灯

されます。

9日と16日には六歳念仏踊りが奉納されます。






2014年07月31日(木)

今週の行事

28日(月) きゅうり封じ(29日) / 五智山蓮華寺
きゅうりに姓名、年齢、願い事を書き込み、ご祈祷を受けた後、
身体の悪い部分を撫でそれを埋めると、病気の根をきゅうりが
持ち去ってくれると言われています。


29日(火) 焙烙灸祈祷(ほうろくきゅうきとう) / 三宝寺
土用の丑の日に行う日蓮宗の祈祷。
呪文を書いた焙烙を頭にのせ、もぐさを置いて火をつけ、悪邪霊
を除くもので、頭の病、暑気払いなどに効くと言われています。


31日(木) 千日詣り / 愛宕神社
7月31日の夜から参拝すると、千日間の功徳があると言われ、
全国からの参拝者でにぎわいます。


8月1日(金) 八朔 / 五花街
旧暦8月1日は「八朔(8月朔日・朔日は1日にのこと)」と言
います。
この頃稲の穂が実る初秋にあたり、古くから農家では豊作を祈願
するとともに、初穂を恩人に贈って秋の実りを祝いました。
今もその風習が残る花街では、正装の紋付袴姿の芸舞妓さんたち
が日頃お世話になっている芸事のお師匠さんやお茶屋さんへ挨拶
まわりをします。

1日(金) 燈明会(〜18日) / 高台寺
伽藍や庭園が闇に照らされ、参道には燈明会提灯が灯されます。

2日(土) 京の七夕(〜11日) / 堀川(御池通〜今出川通)
                 鴨川(四条通〜御池通)
竹と光の演出による「光の天の川」やアート作品の展示、また京
都の寺院、神社での七夕飾りや夜間特別拝観、ライトアップなど
が行なわれます。


 







2014年07月31日(木)

今週の行事

28日(月) きゅうり封じ(29日) / 五智山蓮華寺
きゅうりに姓名、年齢、願い事を書き込み、ご祈祷を受けた後、
身体の悪い部分を撫でそれを埋めると、病気の根をきゅうりが
持ち去ってくれると言われています。


29日(火) 焙烙灸祈祷(ほうろくきゅうきとう) / 三宝寺
土用の丑の日に行う日蓮宗の祈祷。
呪文を書いた焙烙を頭にのせ、もぐさを置いて火をつけ、悪邪霊
を除くもので、頭の病、暑気払いなどに効くと言われています。


31日(木) 千日詣り / 愛宕神社
7月31日の夜から参拝すると、千日間の功徳があると言われ、
全国からの参拝者でにぎわいます。


8月1日(金) 八朔 / 五花街
旧暦8月1日は「八朔(8月朔日・朔日は1日にのこと)」と言
います。
この頃稲の穂が実る初秋にあたり、古くから農家では豊作を祈願
するとともに、初穂を恩人に贈って秋の実りを祝いました。
今もその風習が残る花街では、正装の紋付袴姿の芸舞妓さんたち
が日頃お世話になっている芸事のお師匠さんやお茶屋さんへ挨拶
まわりをします。

1日(金) 燈明会(〜18日) / 高台寺
伽藍や庭園が闇に照らされ、参道には燈明会提灯が灯されます。

2日(土) 京の七夕(〜11日) / 堀川(御池通〜今出川通)
                 鴨川(四条通〜御池通)
竹と光の演出による「光の天の川」やアート作品の展示、また京
都の寺院、神社での七夕飾りや夜間特別拝観、ライトアップなど
が行なわれます。


 








new entries

comment

categories

archives

links

others

facebook

旅する京都お泊まり案内 (らくたび文庫 No. 25) 京都のカフェランチ (らくたび文庫 No. 17) 京都のおみやげ―あのひとへわたしへ (らくたび文庫 No. 22) 源氏物語散策帖―ゆかりの地をめぐる (らくたび文庫 別冊) 京の庭NAVI 枯山水庭園編 (らくたび文庫 No. 2) 京の庭NAVI 池泉庭園編 (らくたび文庫 No. 15)

PR