2015年03月27日(金)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -





2012年04月20日(金)

舞妓さんの髪型。




舞妓さんの髪型は大体、2つに分かれます。

こちらは、若い舞妓さんの髪形で「割れしのぶ」といいます。

デビューして2年以下の若い子たちがこの結い方をします。

赤い鹿子が前後からのぞき、真ん中には鹿の子止め。

まん丸の髷がかわいらしい髪型です。

このように髷の上下が開いて (割れて) いることから、
 
「割れしのぶ」と呼ばれるらしいです。

江戸時代後期に町の少女が結っていた髪型だそうです。

また舞妓になって1〜2年間は違う髪型を結うことはできないそうです。

そしてかんざしが、今月の花、桜で、全体的に挿しています。


お姉さん舞妓は「おふく」という髪型をします。

今度ご紹介しましょう♪

舞妓の髪型が違うといっても、前髪や横の鬢 (びん) の部分は

どの髪型もほとんど一緒。

正面からだとちょっと分からないけれど、後姿をみたら、

おっと思っていただけたらな、と思います。


フロント 藤田







2015年03月27日(金)

スポンサーサイト






関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

new entries

comment

categories

archives

links

others

facebook

旅する京都お泊まり案内 (らくたび文庫 No. 25) 京都のカフェランチ (らくたび文庫 No. 17) 京都のおみやげ―あのひとへわたしへ (らくたび文庫 No. 22) 源氏物語散策帖―ゆかりの地をめぐる (らくたび文庫 別冊) 京の庭NAVI 枯山水庭園編 (らくたび文庫 No. 2) 京の庭NAVI 池泉庭園編 (らくたび文庫 No. 15)

PR