2015年03月27日(金)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -





2012年06月24日(日)

「公休日」

着物美人発見!
和服姿が板に付いています。



和服姿がとても美しいですね。
しかし、畑中のブログやフェイスブックをご覧になっていらっしゃる方は
この方がどなたなのか、分かりませんか?

畑中によく来てくれている・・・そう、この人は・・・



宮川町の芸妓さん「たね寿」さんです!!
宴会に来てくださる時は美しい芸妓の姿。惚れ惚れする美しさです。



しかし、白塗りをしていらっしゃらない普段の格好だと、
普通の20代の女子ですね。
たね寿さん!この格好でも、素敵です!

今日は公休日なので、畑中の女将と遊んでくるそうです♪

客室・藤崎





2012年04月20日(金)

舞妓さんの髪型。




舞妓さんの髪型は大体、2つに分かれます。

こちらは、若い舞妓さんの髪形で「割れしのぶ」といいます。

デビューして2年以下の若い子たちがこの結い方をします。

赤い鹿子が前後からのぞき、真ん中には鹿の子止め。

まん丸の髷がかわいらしい髪型です。

このように髷の上下が開いて (割れて) いることから、
 
「割れしのぶ」と呼ばれるらしいです。

江戸時代後期に町の少女が結っていた髪型だそうです。

また舞妓になって1〜2年間は違う髪型を結うことはできないそうです。

そしてかんざしが、今月の花、桜で、全体的に挿しています。


お姉さん舞妓は「おふく」という髪型をします。

今度ご紹介しましょう♪

舞妓の髪型が違うといっても、前髪や横の鬢 (びん) の部分は

どの髪型もほとんど一緒。

正面からだとちょっと分からないけれど、後姿をみたら、

おっと思っていただけたらな、と思います。


フロント 藤田







2012年04月15日(日)

京おどり


本日、宮川町歌舞練場にて開催中の京おどりを見に行ってきました。

日本の観光客の方以外にも、海外の方やお子様もいらっしゃいました。

仕事中に舞を見ることはよくありますが、改めて、正面からしっかり見させて頂くと、本当に素晴らしいものでした。

舞妓さん、芸妓さんのお着物や帯はもちろん素敵ですが、顔の表情などもお一人ずつ違い、とても興味深く楽しめました。

特に最後の演目で、勢揃いで舞台いっぱいに踊られる光景は毎年圧倒されます。

歌舞練場前の桜がきれいな見頃でしたが、それに負けないくらいの美しさがありました。


ちなみに、今回は開演前のお抹茶付きのお席でした
舞妓さんのお点前を拝見でき、なんと、運良く、直々に舞妓さんからお抹茶を頂きました。
目の前に来られるとやっぱり緊張しますね。

お茶菓子の小さなお皿は記念に持って帰れますよ〜。

皆様もぜひ、春の京都ならではの風情を楽しんではいかがでしょうか。


「京おどり」
4月22日まで開催中。


本日の担当 客室係 片山





2011年12月27日(火)

化粧品


京料理と舞妓の夕べに参加してくださった海外のお客様からよく

芸舞妓さんの使う化粧品はどこで買えますか?

という質問があります。


いくつかお店ございますが

そのうちの一つがこちら、祇園屋さんです。














お店をちょっと見るだけでも面白いですよ。


祇園屋
東山区川端四条上ル常盤町178
井筒八ツ橋本舗北座一階
10:00から18:30
無休


写真・文 唐沢





2011年12月02日(金)

12月になると・・・

 
12月になると京都南座では顔見世が始まります。

それに合わせて舞妓さんたちも12月の装いに。




そう、こちらは顔見世のまねきを真似たミニチュアまねき☆かんざし!

お気に入りの役者さんに名前を書いてもらうそうです。

とし愛(としちか)さんは、「坂田藤十郎」さんと、

「坂東三津五郎」さんにいただいたそうです。

お兄さんたちに書いてもらったの?と聞いたら、

「はい、そうどす」と、

とっても嬉しそうでした^^

京都の12月のはじまりです。


写真、文 藤田






2011年11月16日(水)

秋を彩る★舞妓さんの花簪

 


本日は、芸妓、舞妓さん方が合計12名
ぎおん畑中にお越し下さいました。

簪がとっても綺麗でしたので、思わずパシャリ!!!!!

もみじの花簪でございます。

舞妓さんの、簪から  秋を感じる今日この頃でございます。



文・写真   フロント星野





2011年11月09日(水)

舞妓の夕べ☆11月9日

 

本日の、京料理と舞妓の夕べにご参加いただきまして
誠にありがとうございます。
スタッフ一同こころより御礼申し上げます。

本日の舞妓さんは ” たね若 ” さんでございました。
宮川町の舞妓さんでございます。

本日は、日本・シンガポール・カナダ・ドイツ・フランス・アメリカよりと
様々な国より、ぎおん畑中の”京料理と舞妓の夕べ”にお越しいただきました。
誠にありがとうございます。

ご宿泊のお客様もご参加いただきました。

京舞や、舞妓さんとのおしゃべり、お座敷遊び、様々な場面でのお写真・・・など・・・
皆様の心の中にずっと愛されますように。。。

本日は、誠にありがとうございました。


写真、文・・・・ 本日の司会 フロント星野






2011年11月02日(水)

京料理と舞妓の夕べ★11月2日

 


本日は京料理と舞妓の夕べの司会をさせていただきましたフロント星野です。
本日は、宮川町より 舞妓さんの ”こふくさん” ”きみちえさん” に
お越し頂きました!!!


文、写真:  フロント星野





2011年10月11日(火)

花名刺


以前にもご紹介したことのある 『花名刺』 (芸妓・舞妓さんの名刺)

今回は豪華!キラキラ!!

見る方向によって色が変わります。

赤に緑に・・・







 

地模様がそれぞれ違いますが、

みなさんお揃いでこのシリーズをお持ちでした。

素敵ですよね。

文・写真 唐沢





2011年09月09日(金)

可愛らしいもの。

 



さて、何を持っておくれとゆうているのかいいますと・・・

こちらです!





舞妓さんあぶらとり紙。

こちら、ぎおん東のお茶屋さん「叶家」さんで販売されているものを

先日、いただいたものです。

コンパクトタイプになっていて、中に





50枚のあぶらとり紙が入っていて、パフについたシールで取れるようになっています。


コンパクトカバーは、叶家さんに所属する舞妓さんや芸妓さんの

花名刺をあしらったデザインになっていて、貴重な一品です。


舞妓さん気分を味わいながらキレイになれますように・・・

写真、文 藤田








new entries

comment

categories

archives

links

others

facebook

旅する京都お泊まり案内 (らくたび文庫 No. 25) 京都のカフェランチ (らくたび文庫 No. 17) 京都のおみやげ―あのひとへわたしへ (らくたび文庫 No. 22) 源氏物語散策帖―ゆかりの地をめぐる (らくたび文庫 別冊) 京の庭NAVI 枯山水庭園編 (らくたび文庫 No. 2) 京の庭NAVI 池泉庭園編 (らくたび文庫 No. 15)

PR