2015年03月27日(金)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -





2011年01月17日(月)

なで石

東海道・中山道の終点としても有名な三条大橋。
ここの西側にあるのが弥次喜多像。

この像の足元にあるこの石・・・

なんだかわかりますか?
(といっても、その場所に行けば説明書きはありますが・・・)

この石は『撫で石』といって、撫でて旅の安全を祈願するもの。
『無事に還り来る』という信仰で有名な還来神社にならっての事だとか。

ちなみに・・・
この石、鞍馬産出の鉄錆色の珍しい鞍馬石だそうです。


さて、突然ですが、私もぎおん畑中を去り、京都を出ることになりました。
なので、ふと思い立ち、この石を撫でてきた・・・というわけです。

また改めてご挨拶はいたしますが、
とりあえずこの場を借りてご報告させていただきます。

このブログを書くのもあと数回ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







写真と文:早野






2010年12月20日(月)

舞妓?

街中でよく見かけるこの100円パークの看板。

カメのイラストが目印ですが、なんと違うバージョンがあるんです!

それがこちら!

舞妓さんです!!
まぁ、カメには変わりないのですが・・・

祇園ならではのこだわりなのか、遊び心満載のイラスト。

よーく探してみたら、他にもあるかもしれませんね。








写真と文:早野






2010年10月05日(火)

笑顔

ゼスト御池という地下街を歩いていた時にこんなものに遭遇。

その名も『おぼこ地蔵』と『いけず地蔵』




ちなみに・・・

こちらが『おぼこ地蔵』

そしてこちらが『いけず地蔵』

2体ともとってもユニークで可愛いです!

説明によると、『触るも良し、願うも良し』だそうです。

とりあえず、欲張って2体を撫でてからお願い事をしてみました。

また、お地蔵さまたちの上には素敵なお言葉もあります。

お地蔵さまと一緒に、こちらもぜひ見てみてくださいね。







写真と文:早野






2010年09月17日(金)

有名人

京都ホテルオークラの一角にある長州藩士・桂小五郎の像。

長州藩邸跡のこの場所で、尊皇攘夷派の中心人物だった
桂小五郎(後の木戸孝允)は、どっしりと構え、京の街を見つめています。


長州の代表として薩長同盟を締結した桂小五郎。
彼は西郷隆盛や久保利通と並んで維新の三傑と称されています。

また、神道無念流免許皆伝の腕前で、剣豪としても知られていたそうです。

当時の勇ましい姿が目に浮かぶような、そんな桂小五郎像です。





写真と文:早野








2010年04月19日(月)

その名は・・・!!

毘沙門堂からの帰り道、こんなものを発見!

・・・ナス?

来る途中は疎水の桜に夢中で気づきませんでしたが、
独特の雰囲気を放つこのナス・・・かなり気になります!!

よくよく見れば、駅にもいたこのナスたち。

このナスのマスコット、名前は『もてなすくん』といいます。

山科で採れる京野菜の京山科なすをモチーフにしているとか・・・
山科駅前の商店街のお店で見ることも出来ます。

なんでも、ストラップやサブレなどもあるらしいです。

ゆるキャラな『もてなすくん』
山科の新たな人気者になる予感です。






写真と文:早野







2010年04月10日(土)

きのこ・きのこ・きのこ

前回のブログでご紹介した植物園の中にこんな場所が・・・


・・・きのこ?
いったい何なんでしょうか?


よく見ると、こんなものが。
『こども文庫 きのこの家』

実はきのこの側面が開くになっており、中には本がどっさり!

中には小さい頃に読んだ懐かしい本もありました。

そして何よりも、このきのこの中にある本は読み放題!!

小さい子が喜ぶこと間違いなしです!

お子様連れの方におすすめの場所です!!







写真と文:早野






2010年02月28日(日)

北緯35度

四条河原町にある阪急百貨店の角にあるモニュメント。

人通りは多いのに、風景に溶け込んでいるせいか、
このモニュメントを気にする人はほとんどいないようです。

私も最近まではスルーしていましたが、
気になったので、今回はじっくり見てみることにしました。

説明書きによると、四条通に北緯35度線が通っているようです。
(正確には61mほど南だそうですが・・・)


よく見ると、このモニュメントの球体は地球儀で、
ちゃんと北緯35度線が入っています。

よく見ると、京都の他にも東京や大阪を通っています。

東洋の文化線とも呼ばれる北緯35度線のモニュメント。
もしこの近くを通ったら、見つけてみてください。





写真と文:早野






2009年05月24日(日)

おしゃれさん

以前、ちょろっとご紹介した新撰組の羽織を着たカーネルおじさん。

久しぶりに見てみたくなったので、探しに行くことに。

ただ、場所がかなりうろ覚えだったので、
とりあえず、ケンタッキーのある場所を探しに行ってみました。

そしてついに『誠』の文字を発見!


ご覧ください。
カーネルおじさん『新撰組』バージョンです!

羽織に合わせてしっかり着物を着ております。

でも、この間この店の前を通った時はこの姿ではなかったのに・・・

実はこの格好をしている時としていない時があるようです。
もしかしたら、この他にも違う格好の時があるのかも・・・?

どんな格好をしているのか、確かめるためにまた来てみたくなりますよね?

カーネルおじさんもおしゃれをして、皆様が来るのを待っているようです。





               写真と文:早野






2008年11月19日(水)

バランスが大切

真如堂の西に位置する吉田山にある宗忠神社。

春には桜の名所として知られるこの神社。
一見、普通の神社ですが、あるものが変わっています。

何が変わっているのか?



ご覧ください。

狛犬です。
逆立ちしております!

しかも、普通は角があるのは吽像(社殿に向かって左側)なのに、
ここの狛犬は阿像(社殿に向かって右側)に角がついているんです。

何故、逆立ちをしているのかは不明ですが、
とてもユニークで面白い、珍しい格好の狛犬。


ちなみにこの狛犬、備前焼きだそうです。






2008年11月04日(火)

お茶

円山公園を抜けて知恩院に行く途中、
な、なんと、こんなものを発見してしまいました!!

お茶
知恩院のお茶!!

なんというか・・・さすが知恩院。

さぞ美味しいことでしょう。
今度飲んでみたいと思います。







new entries

comment

categories

archives

links

others

facebook

旅する京都お泊まり案内 (らくたび文庫 No. 25) 京都のカフェランチ (らくたび文庫 No. 17) 京都のおみやげ―あのひとへわたしへ (らくたび文庫 No. 22) 源氏物語散策帖―ゆかりの地をめぐる (らくたび文庫 別冊) 京の庭NAVI 枯山水庭園編 (らくたび文庫 No. 2) 京の庭NAVI 池泉庭園編 (らくたび文庫 No. 15)

PR