2015年03月27日(金)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -





2013年04月01日(月)

ライトアップ2013

明日が天気が悪いようなので、急いで桜のライトアップへ行ってきました。 
京都洛東の桜は今が満開ですよ!


神奈川県の風神雷神様、ブログを見ていただいているようで、
わざわざ、お便りまで、ありがとうございました。
今回はお客様ご家族様にも、京都の桜を届けたく、ブログを書かせていただきます。


円山公園枝垂桜:壮大です。人が多すぎて近づけない。


円山公園内:平日にもかかわらず花見客でいっぱいです!


円山公園内:屋台もいっぱい出ています。


知恩院山門:ゴールデンの光でライトアップされていて、実際見ると圧倒されました。


知恩院道:遠くから見るとお釈迦さまが出てきそうです。


祇園白川辰巳橋:ここも人がいっぱいです。でも綺麗!まさに満開!


辰巳橋:一年で一番美しい辰巳橋です。


辰巳大明神:綺麗です。


祇園白川沿い:日本家屋が桜を際立てています。


祇園白川沿い:こんなふうに桜を見ながら料理を食べられたら・・・羨ましい。


祇園白川沿い:満開。


祇園白川沿い:八重桜も見事


祇園白川沿い終点:桜もすごいが人もすごい。


東大路寄り白川沿い:こっち側は人も少なくひっそりとした桜が観れます。


東大路寄り白川沿い:幻想的です。


東大路寄り白川沿い:ただの街頭も桜を綺麗に照らしてくれています。


京都の桜もあと少しの間しか見れないと思うと、やはり寂しいものです。


客室・藤崎





2010年04月17日(土)

ほんわか

艶やかな桜に彩られました山科疎水をあとにして、
目的地の『毘沙門堂』を目指して歩くこと数分、やっと到着です!

毘沙門堂は代々皇族から出家者を迎えたという、
とても格式の高い門跡寺院でもあります。

話には聞いていましたが、
樹齢100年を越す枝垂れ桜の見事さには思わず絶句。

静かさと、美しい桜に彩られた春の毘沙門堂。
 
普段は静かな山堂も、この時期は艶やかな桜によって観光客で賑わいます。

来年、またここで会いたいと思うような優しい桜たちでした。










写真と文:早野








2010年04月15日(木)

山科疎水

山科の桜の名所『毘沙門堂』に行く途中、
とても素敵な場所を発見しました!!

山科疎水です!!


地元の人ぞ知るという、穴場的桜の名所らしいです。

地元の人たちにより育てられたという菜の花。

黄色とピンクの可愛らしい春ならではの共演です。

ちなみに、ここは散歩道になっており、
地元の人たちの姿がちらほらで、観光客は少ないようです。

素敵な場所に気持ちがほっこりしました。





写真と文:早野






2010年04月05日(月)

半木の道

半木の道(なからぎのみち)へ行って来ました。

もちろん、目的は桜です!!


この半木の道は桜の名所でもある遊歩道。


桜を見ながら歩くも良し。

川を眺めながら歩くも良し。

ゆっくりと自分のペースで散歩を楽しんできました。

それでは、素敵な桜をご覧ください!!














見頃はまだ先のようですが、
京都の春を思う存分、満喫させていただきました!!







写真と文:早野






2009年04月04日(土)

こちらの桜は・・・

昨日の続きからスタートです。

竹中稲荷社まで行ったので、
その近くの真如堂と金戒光明寺の桜もご紹介。

まずは真如堂。

まだ昼前だからでしょうか?人も少ないです。
・・・紅葉シーズンとは大違いですね。

でも、桜はバッチリでした!


桜を撮るのに夢中になっていると、目の前にあるものが・・・!

そう、ヤサカタクシーの四つ葉のクローバー号です!
せっかくなので、桜とツーショットで撮らせて頂きました!!


さて、真如堂を後にしてお次は金戒光明寺へ。

ここの桜は残念ながらまだ見頃を迎えていませんでした。
4〜5分咲きといったところでしょうか?

これから京都に来られる方にはおすすめの場所です!!





              写真と文:早野






2009年04月03日(金)

穴場

以前ご紹介した真如堂の真向かいにある宗忠神社を超えると、
吉田山の中腹に吉田神社の境外末社とされる竹中稲荷社があります。

実はここも隠れた桜の穴場スポットのひとつ!


境内へ向かう参道には稲荷社には欠かせない赤い鳥居が並んでいます。



そしてそれを覆う桜のトンネル。


鳥居の朱色に青空、どちらも桜がよく映えます。

拝観時間も関係なく来れる場所なので、観光前にいかがですか?

運がよければこの景色を独り占め出来ますよ。






             写真と文:早野






2009年04月02日(木)

これぞ春の醍醐味!

今日はお休みだったので、醍醐寺まで行ってきました!


醍醐寺は今春の『そうだ 京都、行こう。』のキャンペーン寺院ですね。

そして、太閤・秀吉が贅を尽くした『醍醐の花見』で有名な場所でもあります。

もちろん、境内の至るところに桜・桜・桜。

三宝院や五重塔、金堂なども美しく桜で彩られています。


ほとんどの桜が見頃で、まさに今が旬!
天気もよく、大勢の人がお花見を楽しんでいました。


醍醐寺の桜をこよなく愛した秀吉。
その彼が晩年に催したとされる醍醐の花見。

それが都に伝わり、お花見が人々の間で始まったと言われています。


秀吉の抱いた天下統一という大きな夢、
それを支えてくれた人たちへの感謝の心が詰まった醍醐の桜。

多くの人たちが立ち止まり、言葉を失い、
その美しさに心惹かれる理由がわかった気がしました。







               写真と文:早野






2009年03月28日(土)

穴場

桜の季節です。
だんだん京都の町もピンク色に。
今回は、ゆっくりと桜を鑑賞したい皆様に穴場をご紹介します!

今回ご紹介するのは東本願寺の飛地境内の『渉成園』

周囲に枳殻(からたち)が植えられていたことから、
枳殻邸(きこくてい)とも呼ばれています。

また、光源氏のモデル・源融の別荘『六条河原院』の一部とも言われています。

庭園では四季折々の花を楽しめる隠れ観光スポット。
市街地にありながらも、まるで別世界のような癒しの庭です。


もちろん、桜もこのとおり。


まだ5〜7分咲きだそうですが、中には見頃の桜もちらほら。





庭園内には小川も流れており、
桜との組み合わせがとても綺麗で絵になります。


建物を中心に『渉成園十三景』と呼ばれる趣向も凝らされており、
桜をはじめとする季節に木々とともに、庭園内の見ごたえは十分!!


こんなに最高の場所なのに、観光客はほとんどいません。
知る人ぞ知る穴場ですよ!!

桜をじっくり、ゆっくり鑑賞したい方はぜひ足をお運びください。







                     写真と文:早野






2009年03月20日(金)

もう少しです

天気がよかったので、祗園新橋を散歩してきました。

ここは石畳が敷き詰められた道で風情たっぷり。

しかも、白川沿いには枝垂れ桜などが植えられており、
芽吹き始めた柳と咲き始めた桜との共演がとても素敵なんです。

昔ながらの建物をバックにすると、また違った桜の顔がちらり。



まさに、これぞ京都の桜!という感じです。


実はここの桜、咲くのが意外に早いんです。

桜を見に来たのに、見られない!という人はぜひここへ!!

まだ少し早いですが、可愛い桜が見れますよ。







                    写真と文:早野






2009年03月19日(木)

桜速報2009

八坂神社を見ると、ピンク色がちらり。

まさかと思い、鳥居をくぐって近づいてみると、
そこには少しではありますが、桜が咲いていました!!

あまりの可愛らしさに写真をとる人もちらほら。

今年の桜の開花は去年と比べて早いようです。

次に咲くのはどこでしょうか?

私の予想だと、京都御苑あたり・・・かな?





 
              写真と文:早野





1

new entries

comment

categories

archives

links

others

facebook

旅する京都お泊まり案内 (らくたび文庫 No. 25) 京都のカフェランチ (らくたび文庫 No. 17) 京都のおみやげ―あのひとへわたしへ (らくたび文庫 No. 22) 源氏物語散策帖―ゆかりの地をめぐる (らくたび文庫 別冊) 京の庭NAVI 枯山水庭園編 (らくたび文庫 No. 2) 京の庭NAVI 池泉庭園編 (らくたび文庫 No. 15)

PR