2015年03月27日(金)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -





2011年11月29日(火)

勝持寺(花の寺)


昨日(11月28日)の勝持寺の様子



勝持寺は通称花の寺

入口右手に『勝持寺』 左手に『花の寺』の看板

 


紅葉は見頃を迎えてます

人は少ない、でも紅葉の色づきは他よりいい!

穴場です














こちらはしだれ桜の木

春もまた楽しみです





石不動明王が望む境内の景色

(石不動明王の目線少し下から撮ってみました)




勝持寺
京都市西京区大原野南春日町1194
電話 075−331-0601
JR向日町または阪急東向日からタクシーで約10分
(駅からバスも出ておりますが、バス降りてからさらに徒歩で1勸幣紊△襪里如
駅からタクシーに乗車するのがおすすめ)


写真・文  唐沢





2011年11月18日(金)

小倉山の紅葉。

 
小倉山の二尊院は京都市右京区の嵯峨野にある天台宗の寺院。

山号が小倉山。

二尊院の名は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像による。


総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は、紅葉の名所として知られる。

今年はどんな感じで色付くのだろう。


写真、牧野 文、藤田






2011年11月13日(日)

紅葉情報


この時期の京都といったらやはり紅葉!!

皆様も気になりますよね。



写真(3枚とも)は、本日11月13日の建仁寺周辺の様子

紅葉の色づきは3分ほど

もちろん木によって差はございます。









主な紅葉名所の状況
(11月10日現在・京都府観光連盟調べ)

東山周辺      色づき始め〜三分
大原 三千院     三分
嵐山 天龍寺     五分
嵯峨野 大覚寺    三分
山科 毘沙門堂  色づき始め


今年は例年より暖かいので、紅葉の色づきもゆっくりに感じます。


写真・文 唐沢





2010年12月17日(金)

まだまだ見れます!

夜、白川沿いにある新橋通りを歩いていたら、
紅く色づいた、なんとも見事な紅葉を発見しました!



ライトアップされているので、すごく綺麗です。

闇夜に浮かぶ紅がすごく幻想的です。


そして、忘れてはいけないのが、当館の紅葉!

まだまだ頑張って紅葉中のようです。

所々ではありますが、まだまだ京都の紅葉を楽しめるようです。










写真と文:早野






2010年11月29日(月)

紅葉散歩

乗せられなかった紅葉スポットを一挙にご紹介します。

まずは、『祗王寺』





次は『清涼寺』





最後は『天龍寺』







いかがでしたでしょうか?

最後に紅葉には関係ありませんが、おまけです。

嵐山を観光する際、茶色の道を歩いていくと、
主要観光地を迷わずに回ることができるんです。

皆さん、ご存知でしたか?







写真と文:早野






2010年11月26日(金)

紅葉の庵

以前もご紹介したことがある『厭離庵』

わかりにくい場所にあり、なおかつ通常は非公開ですが、
この時期になると、その赤に染まった美しさを見ようと人が訪れます。

去年は少し早すぎましたが、今年は大丈夫だったようです。





くるりと一周しながら、ほっこり。

まさに隠れた紅葉の名所です。

艶やかに空を覆う紅葉と、静かに地面を覆う紅葉。

優雅な嵯峨野の秋が、ここでは満喫できます。







写真と文:早野






2010年11月25日(木)

紅葉の馬場

次の目的地・『二尊院』に到着。

ここ、二尊院は百人一首の選者、藤原定家ゆかりの名刹。

『紅葉の馬場』として有名な紅葉の名所です。



ご覧ください、この紅葉の美しさ。










まるで紅葉に誘われるかのように、歩を進めます。

思わず息を呑むような朱色。

境内の至る場所が紅葉で赤く染まりまっています。

ここでふと、アレを発見。

そう、私の大好きなお抹茶です!

しかも特別公開。
・・・行くしかありません。

お茶室の『御園亭』へ赴き、ゆっくりと庭を眺めます。

普段見ることの出来る角度とは異なる角度からの庭園。

耳を澄ませば、鹿威しの音。
日々の疲れを忘れ、心が癒されます。


一息ついたところで、もう一度境内をぐるり。



さて、次はどこを目指そうかな・・・。







写真と文:早野





2010年11月24日(水)

紅葉狩り

嵐山へ行ってきました!

嵐山はまさに今が見頃。

綺麗に色づいていました。

では、散策開始です!

竹林を通り抜け、まずは『野宮神社』へ。

鳥居と紅葉の綺麗なコントラストが絵になります。

もちろん、境内も見事に紅葉しています。

境内にあるぷち嵐山界隈を表した庭も紅葉中。

さて、野宮神社を後にして、本日の一番のメインスポットへ。

小倉山中腹にある名刹と名高い『常寂光寺』です。

境内は紅葉真っ盛り!

まさに今が見頃です!!





そして、一番の見所はこちら!

一歩、また一歩。
階段を上っていくたびに、違う紅葉の景色が目の前に。

これぞ夢にまで見た紅葉のトンネル!!

本当に見ごたえがあります。

どの角度、どの景色を撮っても絵になります。







そして、常寂光寺と言えば、多宝塔。

あまりの美しさに感動して色々な角度から撮影。

少しでも美しさが伝わりますでしょうか?

初の常寂光寺の紅葉でしたが、本当に綺麗で言葉がありません。



これ以上、求めるものは何もありません!

いつまでも見ていたいところですが、
ぐっと我慢して次の紅葉の名所に向かいたいと思います。









写真と文:早野






2010年10月27日(水)

どうして、もう

 真如堂 午後四時 雨上がり








「去年、わたしたちが紅くなったのはいつ頃だったかしら」

「11月の終わりくらいだったか」

「あと一ヶ月もあるわ」

「紅くなるのは疲れるからまだ緑でいいじゃないか」

「待ちきれないわ」

「ねえねえ、おとうさん。おかあさん。」

「ん。なんだ」

「ん。なあに」

「なんでいつも紅なの。となりの子は黄色って言ってたよ」

「おじいちゃんとおばあちゃんも紅かったからよ」

「ふーん。ねえ、ほんとにあと一ヶ月も待つの」

「なんだ急に。おまえも待ちきれないのか」

「だって、あの子はもう紅いよ」














写真と文 川野  特別出演 紅葉家族





2009年12月04日(金)

灯台下暗し

近くの建仁寺を散歩していたら、こんな発見が。

近いからいつでも行けると思っていたせいか、
今年はまったくスルーしていましたが、
こんなにも素敵な紅葉の道が建仁寺の境内にあったんです!

しかも、ご覧下さい!
今がまさに見頃です!!

すべて真っ赤で、どんな角度で撮っても、
素敵な紅葉の写真が撮れました。

綺麗な紅葉が見たい!と言う方にはおすすめです!!

有名な名所の紅葉も捨てがたいですが、
こういった場所の紅葉もとっても素敵ですよね?

ふらっと出かけて見つけた紅葉の名所。

自分だけのベストスポットを見つけたみたいで
なんだか嬉しいですよね?









               写真と文:早野







new entries

comment

categories

archives

links

others

facebook

旅する京都お泊まり案内 (らくたび文庫 No. 25) 京都のカフェランチ (らくたび文庫 No. 17) 京都のおみやげ―あのひとへわたしへ (らくたび文庫 No. 22) 源氏物語散策帖―ゆかりの地をめぐる (らくたび文庫 別冊) 京の庭NAVI 枯山水庭園編 (らくたび文庫 No. 2) 京の庭NAVI 池泉庭園編 (らくたび文庫 No. 15)

PR